TOP > 料金表

料金表

症状や治療の内容により負担費用額は異なりますが、おおよそ一本あたり40 ~ 60 万円前後です。インプラント治療は、 現在保険治療外となっており、自費治療ですが、医療費控除の対象になることもあります。

治療費について

インプラント費用の違いについて

インプラントの費用は比較的安価なのもから高額なものまで、多岐にわたります。 その違いの原因としては、様々な要素がありますが、主に次の要素が費用の差として影響しています。

1. 歯科医院の技術力、また設備やサービス
2. インプラントメーカー違い
3. 取り付ける歯の素材の違い

インプラントには明らかに良質のものと予後が不良なインプラントが存在し、歴史があり長年の研究のもとに改良を 繰り返した良質のインプラントを使用しますと長く、安定した状態を保つことができます。 第二のご自身の歯となるインプラントですから、良質なインプラントでの治療をお勧めいたします。

料金表

当サイト監修のにしぼり歯科医院のインプラント料金をご紹介いたします。


上部構造 (土台+クラウン)

エステニア前装冠¥130,000
セラミッククラウン (PFM)¥180,000

施術内容

埋入手術(ノーベルバイオケア) 1本 ¥270,000円~
埋入手術(ストローマン)1本 ¥220,000~
ソケットリフト(上顎洞を押し上げる処置)    1本¥50,000~
GBR1ope ¥50,000~
サイナスリフト(上顎洞に骨を増やす処置)¥150,000~

医療費控徐について

医療費控除とは、一年間にかかった医療費が10万円を超えた場合その医療費が税金の還付対象になる制度のことです。 本人の医療費のほか家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となります。 共働きの夫婦で妻が扶養家族から外れていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できます。 医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書などは大切に保管しておいてください。

医療費控除額(最高200万円)=
(年間医療費支出額-保険金等で補填される金額)-(10万円と所得金額の5%とのいずれか少ない金額)

医療費控除の対象となるもの・医療費控除に必要なもの
    • 矯正料金(精密検査料・抜歯料金も含む)
    • 通院費(電車・バスの利用などの交通費)
    • 治療費の領収証
    • 税務署でもらう書類(申告書、医療費の明細)
    • 医療保険などで補てんされた金額のわかるもの
    • 給与所得者の場合には、還付申告をする年分の源泉徴収票
    • 認印、還付金を受け取る口座番号(本人名義のもの)
インプラント成功の秘訣 詳しくはこちら
お悩み相談室 詳しくはこちら
インプラントについてのお問合せ・ご相談はこちら

お問い合わせ

にしぼり歯科医院

-